原材料について

image

木箱の素材

自然の素材を伝統の技術により、繊細でぬくもりのある高級化粧木箱に加工します。
※木材は天然木を使用しているという性質上から、色・板目・木材の品質などは1枚ごとに異なります。

正式学術名:ポーロニアウッズ(PAULOWNIA WOODS)

約10年で成木になるため、短期で再生産が可能であり、環境に優しい材料で、木肌は温かく、色合いもやさしく美しい上に、防湿・防虫・防かびの効果があります。

一般的にその特徴と木目を生かしてギフト用の箱に使用されます。

弊社では品質管理を徹底した中国産の材料を直輸入して使用しています。

ファルカタ

正式学術名:アラビジア・ファルカータリア(ALBIZIA FALCATARIA)

インドネシアなどで植林されている豆科の樹木で、5年ほどで伐採可能になるほど成長が早く、環境破壊が少ないとされる素材です。

木肌が滑らかで表面の光沢が強く高級感あるため、桐材に代わってギフト用の木箱に使用されます。

別名としてシンゴン,南洋桐とも呼ばれています。

桐と比べて変色が少ないという特徴もあります。

もみ

正式学術名:アビエス・ファーマ(ABIES FIRMA)

本州、四国、九州に分布。

色は純白に近く木目が美しく、柔軟なため加工しやすい木材ですが、乾燥後は非常に硬くなるという特徴をもった素材です。

一般的に伝統工芸品用の箱として使用されます。

MDF

M…Medium、D…Density、F…Fiber Board

木の繊維を取り出し、抄造して、熱圧・成板した再生木材です。

表面は固く平滑になっており、きわめて均質な仕上がりになります。

強度・寸法安定性に優れた物性を持っているため、弊社では再生紙と組み合わせることで明太子用のタルなどに使用しています。