形状について

木箱・紙箱-主な蓋形状

  • image
    インロー型

    蓋と身がしっかりと噛み合うため、がたつきがほとんどなく、高級感のある形状。蓋側にカギがある場合はヤロー型とも呼ぶ。

  • image
    カブセ蓋型

    蓋が身よりも大きく、蓋が身にかぶせるようになる形状で、蓋を閉めた時に多少のぐらつきはあるが、開けやすい。蓋が身全体にかぶさる総カブセ型の形状の場合は、高級感がある。

  • image
    ノセ蓋型

    蓋をのせただけのシンプルな形状。
    木箱の場合、蓋の裏側に二本の桟を付けた二方桟、四本の桟を付けた四方桟などの形状もある。紙箱の場合、端を折り曲げる折蓋型にすることでずれにくくすることもできる。

  • image
    落とし蓋型

    蓋は1枚の単純な形状で、身の内側に落ち込む。蓋側にツマミ紐をつけることで取り外しができる。蓋のぐらつきは少ないが、紙の端で、材料の芯が見える点が難点。

  • image
    ヒンジ型

    蓋が身とつながっており、開け閉めが簡単な形状。

木箱-主な底形状

  • image
    ベタ底型

    本体に底板を貼った形状で、木箱では一般的。

  • image
    上げ底型

    本体にミゾを入れて底板をはめ込む形状で、箱内部の空間率の調整が可能。

木箱-主な箱組形状

  • image
    イモ組

    フチとツマが突き合わさっている形状で、木箱では一般的。

  • image
    トメ組

    本体木口を45度に加工した形状で、高級感がある。

  • image
    ロッキング組

    凹凸をかみ合わせた形状で、高級感があり強度が強い。

  • image
    あぜくら組

    本体にミゾを入れてはめ込む形状。

紙箱-特徴的な形状

Vカットの特徴的な形状で、簡易に作れるが高級感がある。

  • image
    ヒンジ型

     

  • image
    ヒンジ型(ツメ有り)

     

  • image
    ヒンジ型(両開き)

     

  • image
    多角形

    木型が必要になる場合があります。

  • image
    ドーム型

    木型が必要になる場合があります。

  • image
    ハウス型

    木型が必要になる場合があります。

  • image
    タル型

    木型が必要になる場合があります。

  • image
    円筒型

    木型が必要になる場合があります。